色彩関連団体企業

カラービジネスを遂行している団体や企業、個人オフイスなどは、大変な数にのぼります。業界・業種が異なれば、使用される色域やノウハウも異なりますし、都市計画のような社会的案件から、パーソナルカラーのような個人的案件までの広い領域が対象となることを考えれば、当然の数でもあるのでしょう。

その反面、カラービジネスの世界でそれなりの歴史と実績を持つ団体や企業は限られてしまいます。ここでは、カラービジネスの世界を中心にして、歴史と実績、カラー分野に対する活動などが注目される団体・企業などを紹介します。

公共機関

会社名
一般財団法人日本色彩研究所
URL
http://www.jcri.jp/
所在地
埼玉県さいたま市岩槻区上野4-6-23
コメント
1927年に日本標準色協会として発足し、1945年に一般財団法人日本色彩研究所として改組しました。日本で唯一、色彩に関する公益法人として認可を受けた文部科学省所管の民間学術研究機関です。広範な領域の専門スタッフを擁し、基礎研究から色彩活用に関する応用分野までの様々な問題解決の要請に対して、実験・調査・設計・手法開発・色票製作などを通してソリューションを提供しています。

□主な活動と事例
1.コンサルティング・技術指導
消費者の感性や意識に関する動向把握と分析
消費者による特定商品のカラー&デザイン評価調査と分析
安全性や機能性に関する実験実施と分析
照明器具の視覚疲労軽減効果の実験
ノート用紙色の視覚疲労実験
各種動作分析実験のビジュアルデータ制作および実験画像データの解析
色彩実態調査と傾向分析
家電製品の色彩動向に関する調査
景観色彩調査と傾向分析
先行研究の知見活用による技術アドバイス
特定色の意味分析(CIカラー、パッケージカラーなど)
「ユニバーサルデザインの色彩」に関する改善指針アドバイス
色彩管理に関する技術的アドバイス

2.共同研究の受託
様々なテーマについて、当研究所の重要な業務として基礎から応用まで研究を受託しております。計測、実験、調査、デザイン制作、色票製作、その他色彩に関するあらゆるテーマについてご相談に応じております。

3.色票集製作・色見本製作の受注
『JIS標準色票』をはじめ、高度の専門技術を要する色票集を製作しております。また、ご依頼に応じて測定値付高精度色見本を製作致します。

4.色彩教育関連事業
色研セミナーの開催
本格的な色彩指導者を養成するコース、カラーマッチング、カラーデザイン、インテリア、環境色彩計画など専門分野別コース、その他アップツーデートなテーマに関するコースなどを開講しております。

講師派遣
企業内セミナー、各種団体の研修等への講師派遣を行います。ワークショップなども企画開催いたします。

色彩教育カリキュラムの開発
企業や教育機関において、一定の期間を設けて色彩教育を実施される場合、その目的に応じたカリキュラムを開発のお手伝いをいたします。

5.資料・データ集の作成・頒布
当研究所の研究成果を中心に、色彩に関する基本的なデータ、最近のデータを使いやすい形式にまとめて頒布しております。

活動の詳細についてはホームページをご覧ください。
http://www.jcri.jp/

会社名
一般社団法人日本流行色協会(JAFCA)
URL
http://www.jafca.org/
所在地
東京都千代田区神田神保町2-2-31第36荒井ビル6F
主な活動
一般社団法人日本流行色協会(JAFCA)は、1953年の創立以来、様々な業界に向けて、開発の指針となるトレンドカラー情報を発信しています。一時期、一般財団法人日本ファッション協会内の流行色情報センターとして存在していましたが、2011年4月より一般社団法人日本流行色協会として新たな活動を開始しています。
JAFCAの主な活動は・・・
生活の様々な分野における流行色を予測し、発信しています。
カラーの理解を広めるための教育活動や、カラーに関するコンサルティング事業を行っています。
商品市場の色彩動向についての調査・分析を行い、そのデータを紹介しています。
優れたカラーデザインの紹介や情報交流の機会を提供します。
コメント
通産省の認可団体で、様々な業界にトレンドカラー情報を発信しています。以前は社団法人日本流行色協会でしたが、現在は一般財団法人日本ファッション協会内の流行色情報センターとして活動しています。
関連ページ:JAFCA
会社名
一般財団法人日本ファッション協会
URL
http://www.japanfashion.or.jp
所在地
東京都千代田区神田神保町1-5-1 神保町須賀ビル7F
主な活動

1.情報発信 ・東京のストリートファッションを世界に発信する「style-arena」
・優れた映画を紹介する「シネマ夢クラブ」
・新時代の生活を考える女性の会「Urara-kai」
・アジアを中心とする国際交流事業

2.文化創造 ・生活文化の創造に貢献したクリエイション・ワークを顕彰する
「日本クリエイション大賞」

3.地域振興 ・生活文化創造都市推進事業
  地域活動を紹介する「まち自慢ドットネット」

コメント
一般財団法人日本ファッション協会は、衣食住の枠を超えた生活文化の向上発展に寄与していくことを目的として、個人・企業・団体などの幅広い支援のもとにつくられた財団法人です。豊かな生活文化の創造を推進し、潤いと活力に満ちた生活大国の実現に向けて、さまざまな活動を推進しています。

カラーコンサルティング

会社名
DICカラーデザイン株式会社
URL
http://www.dic-color.com/
所在地
東京都中央区日本橋3-7-20 ディーアイシービル
コメント
DICカラーデザイン株式会社は、グローバル総合ケミカルメーカー「DIC」の資本で2000年に設立したカラーを専門とするクリエイティブカンパニー。色彩を左脳的な視点と右脳的な視点の両面からとらえることで、創造性をうみだすことを得意としている。ケミカルメーカーが母体という企業ならではの特徴が垣間見える。また、色材や加飾製品など、中間資材を中心としたモノを扱っているDICグループの総合力によって抽象レベルでなく、具象レベルでのソリューションが提供できる点も強みとなっている。業務内容は、カラーを基軸にしたブランディング、商品開発支援、マーケティング戦略支援など、多岐にわたっている。
会社名
株式会社日本カラーデザイン研究所
URL
http://www.ncd-ri.co.jp/
所在地
東京都文京区本郷3-5-2第2田中ビル
コメント
NCDは、1967年に設立された「色彩のイメージ心理研究」をベースに活動して来た民間の研究所で、カラービジネスの分野では草分け的存在です。独自に開発した感性を測る物差し「カラーイメージスケール」は、数百万色ともいわれる色の世界を130の代表色として体系化、それらをSD法調査や多変量解析により、「WARM-COOL」「SOFT-HARD」「CLEAR-GRAYISH」の3軸の立体空間の中に配色と言語をリンクさせプロットしたシステムです。(1982年に特許を取得)また、各種の色彩資料やトレンド予測情報誌「イメージ情報」や「カラーリスト」(講談社)などの数々の書籍を発刊、漠然としたイメージの世界を視覚化する診断ソフト「イメージアナリスト」などを発表し、カラービジネスの分野で言語と配色の体系化をコアにしながら独自のポジションを築いてきました。2004年には、中国天津市の南開大学と共同で「南開大学 色彩・公共芸術研究センター」を設立し、中国での現在の活動拠点としています。現在のビジネスの中心は、商品開発や販促ツール開発のための研究の受託、カラーセミナーの実施、トレンド資料や分野別に特化したマーケティング資料の発刊、ソフトウエアの開発などを行っています。長年にわたる、ライフスタイルや嗜好データの蓄積、時代動向の予測手法の開発、色彩のイメージ心理の研究、教育プログラムの開発など独自のノウハウをさらに発展させながら新しい時代の変化に対応した感性ソリューションを提案しています。
会社名
カラープランニングコーポレーション 有限会社クリマ
URL
http://www.climat-color.net/
所在地
東京都目黒区上目黒1-4-2 惣秀ビル3F
コメント
クリマは色彩デザインの専門家集団として、都市スケールの環境色彩ガイドラインの作成から建築・構造物の外装デザイン、サイン計画、インテリアデザイン・コーディネーションにいたるまで総合的な色彩・デザイン提案を行っています。近年、環境問題の顕在化と共に、地球規模で循環型社会が目指されています。クリマの行う色彩提案は、地域のコンテクスト(文脈)を読み解き、その場所に根ざした色彩コンセプトを組み立てることから始まります。中・長期的な使用に耐え、次世代へとつながる色彩提案は、独自の色彩哲学と明快なコンセプトによって導かれます。

1.環境色彩調査  ENVIRONMENTAL COLOR RESEARCH
環境色彩の現況を正しく調査分析し、環境色彩条例設定・環境保全等に役立てます。

2. 環境色彩ガイドライン作成  COLOR GUIDLINE
地域の特徴を生かした景観形成を目指し、環境色彩の周辺領域を含めたトータルな提案を行います。

3. 外装色彩計画  EXTERIOR COLOR PLANNING
景観・建築設計にプランの段階から参画し、具体的に建築色彩設計を行います。

4. インテリアデザイン・コーディネーション  INTERIOR DESIGN
建築の色彩計画の一環として、インテリアデザイン・インテリアコーディネーションを行います。

5. 商品開発・カラーコンサルティング  COLOR CONSULTING
身の回りの工業製品から環境を構成する各種公共・重機製品まで、こまやかな視点で色彩計画を行います。

会社名
株式会社カラープランニングセンター
URL
http://www.colorplanning.net/
所在地
東京都中央区日本橋馬喰町1-7-6
コメント
カラープランニングセンター(1968年設立)は、【環境色彩】の専門コンサルタントです。景観に対する意識が未成熟だった1970年代初頭に環境色彩調査の手法を開発・公表し、1985年策定の兵庫県都市景観条例では世界初の試みとして行政による景観管理にマンセル値の導入を提言、2005年には景観法制定後初めての景観計画となる小田原市の色彩基準を策定するなど、今日全国に普及した環境色彩の基礎を築いてきました。
近年の景観に対する意識の高まりに対応し、景観計画の策定を中心に、地域の環境形成に関わる計画・設計に参画するとともに、専門家の立場からその運用を支援しています。

□主な活動

  1. 景観計画・景観条例の策定
  2. 景観色彩調査
  3. 景観色彩基準・ガイドラインの策定
  4. 屋外広告物景観基準・ガイドラインの策定
  5. 建築物・土木構造物の色彩設計
  6. プロダクツ・グラフィックスの色彩設計
  7. コーポレートカラー・チェーンストアデザインの標準化
  8. 色彩関連出版・編集
  9. 景観色彩関連講演・ワークショップの企画運営
  10. 分光光度計による色彩管理計測システムの開発・販売
  11. マンセル値・輝度比等の測定サービス
  12. 光源の演色性検査カードの開発・販売
  13. 景観に優しいYRシートの開発・販売

色彩ツール・教材制作販売

会社名
日本色研事業株式会社
URL
http://www.sikiken.co.jp/home.html
所在地
東京都千代田区麹町4-7-5
コメント
一般財団法人日本色彩研究所の研究成果を社会に活かし普及することを目的として1965年に設立された色彩の専門企業です。PCCS(日本色研配色体系)に基づいた資料や色票を中心にして、義務教育での色彩教育から、専門学校・大学での専門教育、また建築.インテリアなど、さまざまな分野に対しての色彩に関する資料・教材・テキスト・ツールなどを開発・発行しています。ファッション分野に関しては、一般社団法人日本流行色協会の協力のもとに「ファッションカラー」「ファッションラボ」をそれぞれ年2回発行し、新しい色、素材、デザインの情報をお届けしています。
「ファッションカラー」誌日本色研事業では『ファッションカラー』誌を年2回(春夏号、秋冬号)刊行しています。本誌では、一般社団法人日本流行色協会ならびにカラリストの協力のもと、ウイメンズファッション分野に向けてのトレンドカラー「ファッションカラー」を選定、発表しています。
カラー選定に際しては、インターカラーやプルミエールヴィジョン、JAFCAカラー等の先行カラー情報に、さらに国内市場を視野に入れた独自の視点を加味して選考しています。
なおこのファッションカラー提案色は、対象シーズンに対して特に鮮度の高い注目色を“ディレクションカラー”とし、実質的な側面から欠かせない色である定番色を“ニューベーシックカラー”、主にポイント的な扱いをする色を“アクセントカラー”と位置づけ、それぞれを提案しています。また選定色に連動した素材やデザイン傾向情報も合わせて提供しています。

企画運営委員会オブザーバー

会社名
ビバコンピュータ株式会社
URL
http://www.viva.co.jp/
所在地
大阪府大阪市中央区瓦町4-5-9井門瓦町ビル5F
会社名
株式会社中川ケミカル
URL
http://www.nakagawa.co.jp/
所在地
東京都中央区東日本橋2-1-6 岩田屋ビル4F