”新イメージスケール”戦略提案

宮岡氏

宮岡 直樹

(株)日本カラーデザイン研究所

色彩全般/コンサル

東京都

独自に開発した「イメージスケール」と「感性データベース」を活用した生活者の好みやライフスタイル分析、時代動向予測、競合の分析とそれらに基づくカラー戦略・・・

カラー総合力で具体的提案

川村氏

川村 雅徳

DICカラーデザイン(株)

色彩全般/コンサル

東京都

DICカラーデザイン(以下DCD)は「カラーデザイン」を中心に据えたクリエイティブコンサルティングを事業の1つの柱としています。「カラーデザイン」というと、・・・

色彩基礎研究~応用まで幅広く

名取氏

名取 和幸

(財)日本色彩研究所

色彩全般/研究・応用

埼玉県

メインとなる<マーケティング&リサーチ>では、商品や環境のカラー・デザインの現状分析と方向性検討、そして設計プランの評価などを行なっています。調査や実験を・・・

地域特色を活かした色彩提案

依田氏

依田 彩

(有)クリマ

景観色彩/コンサル

東京都

CLIMAT(クリマ)は、色彩をデザインの中心に据えて、ちょっとしたサインデザインから、まちの色彩ガイドラインをつくる色彩計画まで大小様々な規模のデザインを行っています。・・・

色彩による豊かな環境形成を

田邉氏

田邉 学

(株)カラープランニングセンター

景観色彩/コンサル

東京都

景観、都市、建築、プロダクト、ヴィジュアルなど、私たちをとりまくデザインの諸分野は、それぞれに固有の対象と方法論をもっています。こうした中で「色彩」は、・・・

一歩先行く色彩提案

小木曽氏

小木曽 珠希

(社)日本流行色協会(JAFCA)

流行色/予測・発信

東京都

「流行色」を発信する機関として知られるJAFCA。1年半~2年先の社会状況や消費者のライフスタイルがどのように変化していくかを見極め、その時に求められるであろう色を・・・

快適空間のカラーデザイン

小林氏

小林 雅央

(株)中川ケミカル

デザイン全般/カッティングシート販売

東京都

中川ケミカル CSデザインセンターのチーフデザイナーです。主にインハウスデザイナーとして、社内的な印刷物のグラフィックデザインから展示会や企画展の・・・

CMFを具現化するアイデアと技術

菱山氏

菱山 浩昭

カシオ計算機(株)

プロダクト

東京都

主なカシオ商品のCMFデザインのディレクションを行っております。【量産機種業務】 機種のラインアップ計画の基、デザインコンセプト(CMFデザインコンセプト)の立案・・・

ヘアカラー教育の草分け

中川氏

中川 登紀子

パーソナルヘアカラー
研究所

ヘアカラー

東京都

主にパーソナルカラーアナリスト・色彩講師・美容師を対象にヘアカラーの色彩学・科学・似合わせを教育しています。また、ヘアカラーに関する教材を制作したり、・・・

「最高のユーザー体験」を

佐藤氏

佐藤 敏明

NECカシオモバイル
コミュニケーションズ(株)

プロダクト

神奈川県

現在の職務は、NECとCASIOブランドのケータイ・スマートフォンおよび周辺機器のデザイン統括です。フィーチャーホンの時代は、佐藤可士和、amadana、SamanthaThavasa・・・

テキスタイル&アパレル色彩企画

坂口氏

坂口 昌章

有限会社
シナジープランニング

色彩全般/コンサル

東京都

テキスタイル&アパレルの色彩企画。商品開発、ブランド開発、新規プロジェクトを得意としています。「繊維ファッション土曜塾」も開講中。

撮影からの色彩提案と印刷再現

長谷川氏

長谷川 恭子

奥村印刷株式会社 COLOR+

撮影、画像処理、カラープランニング

東京都

物撮りからイメージカットまで数々の商品撮影を手がけ、撮影からのカラーディレクション、およびマーケティングをご提案しております。

色彩感覚?色彩理論?

大倉氏

大倉 素子

(株)日本カラーデザイン研究所(嘱託)

色彩学/景観色彩/感性分析

東京都

バウハウスの教師だったヨハネス・イッテンは、書物や教師から学ぶこと、即ち色彩理論を用いることの有益性について述べています。ビジネスにおける色彩では、・・・

「地の色」をデザインする。

吉田氏

吉田 愼悟

武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科

環境色彩計画・色彩教育

東京都

「地の色」…私が環境色彩計画で大切にしてきたことは、図ではなく地です。真に地域の個性を育てるために、「地の色」を見極め、それを再生して行くことが必要だと考え・・・

色彩に親しむために

山内氏

山内 誠

CBN(事務局)

個人

東京都・京都

現在所属している日本ファッション協会は、生活文化の醸成を目的にしていますので、生活文化を“色彩文化”に書き換えて、その啓発に努めるのが仕事でしょうか。 元・・・

カラーは今を生きる人そのもの

大関氏

大関 徹

文化学園大学 デザイン・造形学科

色彩教育、色彩の先行開発に関する調査、企画

東京都

カラーは現代に生きる人々の心そのもの。時代とともにその変化がとどまることはありません。自分の気持ち、思いやりを示す心の媒体。それがカラーなのではないでしょうか。色・・・

髪の毛から国土景観まで

赤木氏

赤木 重文

一般財団法人日本色彩研究所

各種色彩計画、色彩教育

東京都、埼玉県

有名なフレーズを借りれば、「髪の毛から国土景観まで」ということになるのでしょうか。現代の、色のコントロールの対象となるモノです。ただ、様々なデザイン・・・

色彩を生活場面でもっと有効に。

竹内氏

竹内 美香

カラースクールA-color

個人

東京都

色彩は生活、ビジネスの場面で、知識やセンスが必要とされるものだと思います。より身近なシーンでの活用を考え、個人、企業を対象とした講座などを開催するカラースクールA-colorを主催しています。・・・

観せる魅せる色彩教材

市場氏

市場 丈規

Color Lab. for full Life 主宰

色彩全般/コンサル

愛知県

色や光の諸現象は観て、触れて、体感することなしに理解することも、魅せられることもないとの思いから2011年4月にColor Lab. for full Lifeを設立し、「観せる魅・・・

「感性の理論化」が得意な「感性の理論家」

市場氏

都外川 八恵

COCOLOR

スタイリング&カラーコンサルタント

東京、神奈川

スタイリング業界初の「ファッションスタイリング検定」の立ち上げに携わり、その公式テキストを全面執筆。パーソナルカラーではこと足らない部分を、「パーソナルテクスチャー®(似合う質感)」・・・

プライバシーポリシー

第1条(個人情報の取得)

本プライバシーポリシーに述べられている個人情報とは、氏名、個人情報、電話番号などの個人を識別できることのできる情報を言います。本サービスでは、以下の個人情報を取得しています。

  1. 本サービスに登録する際に、当事務局は氏名、メールアドレス等の情報をお尋ねします。
  2. 当事務局は、会員のIPアドレス、クッキー情報を取得し、サーバーに記録します。

第2条(個人情報の利用)

当事務局は会員の登録情報に関し、会員のプライバシー保護に十分留意するものとし、以下に該当する目的以外に、会員情報を閲覧、利用をすることはありません。

  1. 本サービスに関する連絡、通知等を行う目的
  2. 本サービス向上のために利用履歴を分析する目的
  3. 会員の利用履歴を統計的に分析し、会員の嗜好別に情報を提示する目的
  4. 会員の利用履歴を統計的に分析し、会員または第三者に本サービスの説明をする目的
  5. 会員の規約違反行為等の調査、問い合わせの対応等で業務に必要である目的

第3条(個人情報の開示)

当事務局は会員の個人情報について、以下に該当する場合を除き第三者に開示しないものとします。

  1. 会員が開示に同意している場合
  2. 当事務局が本サービスの利用履歴を統計的に分析し会員個人が特定できない範囲及び法により、第三者に開示する場合
  3. 裁判所の発布する令状に基づき開示を求められた場合、プロバイダ責任制限法に基づく発信者情報開示請求、著作権者による損害賠償請求、弁護士、国税職員等による照会請求など個人情報を開示すべき法的義務を当事務局が負っている場合

第4条(個人情報の閲覧、変更、削除)

  1. 会員は、本サービスに登録している個人情報の変更に関する事由がある場合、CBN事務局まで問い合わせを行うことで対応を行います。
  2. 会員情報の削除を申請された場合、登録された個人情報は一定期間保持した後に、当事務局の責任で削除します。

第5条(個人情報の保護、管理)

当事務局は、会員の個人情報において、担当者を決め担当者以外の職員による参照を禁じています。

第6条(クッキー)

クッキー(Cookie)とは、ウェブサイトが記録を保持するためサーバーコンピュータから利用者のブラウザに送信され、利用者が使用しているコンピュータのハードディスク等に保管される情報です。クッキーの使用は、業界の標準になっており、多くのサイトで利用者にサービスを提供する目的で使用されていますが、利用者の個人情報を特定できるわけではありません。当事務局は、以下の目的のためクッキーを使用しています。

  1. 利用者が本サービスを繰り返し利用する際の利用者確認を簡略化する
  2. 本サービスの利用度等を調査するため
  3. 本サービスを改善するため

第7条(適用範囲)

本サービス上で、会員が自発的に個人情報を開示した場合は、一切責任を負いません。

第8条(プライバシーポリシーの改定)

当事務局は、本プライバシーポリシーの全部または一部を改定することがあります。更新情報は、お知らせページにて告知いたします。

第9条(法令・規範順守)

当事務局は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守します。

第10条(お問い合わせ)

当事務局の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。

CBN事務局

CBN WEB運用担当

ビバコンピュータ株式会社

〒541-0048 大阪市中央区瓦町4-5-9井門瓦町ビル5階

TEL:06-6233-2072   FAX:06-6233-2133

Mail:cbninfo@color-biz.net

登録について

登録に関する注意(例)

本サイトでは、CBNの活動にご賛同いただける方に対し、ご登録頂いた情報を本サイトに掲載、各々のカラービジネスの活性化につなげる事を目的としています。

登録頂いた情報の取り扱いは、プライバシーポリシーをご参照下さい。

掲載に関する料金は無料です。

登録者に対して行われた問い合わせは、CBN事務局で一旦総括し、各登録者へご通知致します。

登録されたメールアドレスに対するCBNからのセミナーや交流会予定等の情報配信に同意頂いたものとします。

本サイトへの登録は、「CBN公認」「CBN認証」などCBNの名前を利用したビジネスの実施を認めるものではありません。

これらにご了承頂ける場合は、「同意して登録を進める」を選択して頂き、以下内容をメールフォームにご入力下さい。

  • 名前
  • メールアドレス
  • 所属色彩団体名
  • 属性(個人・法人・学生)
  • 活動拠点(都道府県)
  • アピール文(300文字以内、一覧画面最大表示は70文字)

事務局にて内容を確認の上、不備がなければ受領から1週間以内に公開されます。

”新イメージスケール”戦略提案

宮岡氏
  • 名前:宮岡 直樹
  • 所属:株式会社日本カラーデザイン研究所
  • 色彩全般/コンサル
  • 活動拠点:東京都
CBNコアメンバー

アピール:

独自に開発した「イメージスケール」と「感性データベース」を活用した生活者の好みやライフスタイル分析、時代動向予測、競合の分析とそれらに基づくカラー戦略・販売促進戦略の提案をしています。配色のテクニカルなスキルアップ、カラーマーケティングなどのセミナーの実施や色彩資料、トレンド予測資料の開発と販売も行っています。

カラー総合力で具体的提案

川村氏
  • 名前:川村 雅徳
  • 所属:DICカラーデザイン株式会社
  • 色彩全般/コンサル
  • 活動拠点:東京都
CBNコアメンバー

アピール:

DICカラーデザイン(以下DCD)は「カラーデザイン」を中心に据えたクリエイティブコンサルティングを事業の1つの柱としています。

「カラーデザイン」というと、「綺麗」「かわいい」「美しい」「かっこいい」等々、感情的な効果によってその商品の魅力をアップさせる側面が注目されがちですが、DCDでは視認性、誘目性、識別性等といった色彩の機能的役割にも配慮することを大切にしています。前者は右脳的、後者は左脳的デザインアプローチといえるでしょう。

DCDの親会社であるDICはファインケミカルメーカーで理系企業といえます。こうした素性もDCDの特徴の背景といえます。私自身もクリエイティブコンサルティングの仕事に取り組む際には、左脳と右脳の両側面から事象を考えることを大切にしています。

色彩基礎研究~応用まで幅広く

名取氏
  • 名前:名取 和幸
  • 所属:一般財団法人日本色彩研究所
  • 色彩全般/研究・応用
  • 活動拠点:埼玉県
CBNコアメンバー

アピール:

メインとなる<マーケティング&リサーチ>では、商品や環境のカラー・デザインの現状分析と方向性検討、そして設計プランの評価などを行なっています。調査や実験を通して、カラーデザインの特性を感性面と機能面からとらえ、その色彩力を強化させることが主な仕事です。

手がけたモノを思いつくまま挙げると、家電、携帯、ランドセル、クルマ、化粧品、文具、建材、カーナビ、発電所、工場、料金所、橋、インテリア、店舗、景観色彩ガイド、幼児雑誌など、いろいろです。

もちろん<研究>もやっています。色の好き嫌い、面積効果、記憶色、色名、色のUD、絵本とカラーなど、かなり広範なテーマに関心があります。企業、学校、一般向けなどの<セミナー>を担当することも多いです。企業の提案アシストや書籍監修なども行ないます。

地域特色を活かした色彩提案

依田氏
  • 名前:依田 彩
  • 所属:カラープランニングコーポレーション 有限会社クリマ
  • 景観色彩/コンサル
  • 活動拠点:東京都
CBNコアメンバー

アピール:

CLIMAT(クリマ)は、色彩をデザインの中心に据えて、ちょっとしたサインデザインから、まちの色彩ガイドラインをつくる色彩計画まで大小様々な規模のデザインを行っています。規模は多様であるものの、常に「色」を大切にしたデザインを行っています。個人的には環境色彩分野の色彩計画が得意です。最近では団地改修における外装色彩計画や都市の色彩ガイドライン作成に携わっています。

色彩による豊かな環境形成を

田邊氏
  • 名前:田邉 学
  • 所属:株式会社カラープランニングセンター
  • 景観色彩/コンサル
  • 活動拠点:東京都
CBNコアメンバー

アピール:

景観、都市、建築、プロダクト、ヴィジュアルなど、私たちをとりまくデザインの諸分野は、それぞれに固有の対象と方法論をもっています。こうした中で「色彩」は、それぞれの専門分野を有機的に結びつけ、美しい相乗関係を紡ぎ出す横糸としての役割を担っています。すべてのデザインは豊かで美しい環境づくりに資するべきものであり、デザインに共通の目標は環境形成です。

カラープランニングセンターは、色彩を手がかりに諸分野のデザインに横断的に関わり、美しい[環境色彩]の形成に努めています。

一歩先行く色彩提案

小木曽氏
  • 名前:小木曽 珠希
  • 所属:一般社団法人日本流行色協会(JAFCA)
  • 流行色/予測・発信
  • 活動拠点:東京都
CBNコアメンバー

アピール:

「流行色」を発信する機関として知られるJAFCA。1年半~2年先の社会状況や消費者のライフスタイルがどのように変化していくかを見極め、その時に求められるであろう色をトレンドカラーパレットとして作成、デザイナーや商品企画の方に役立てて頂いています。

快適空間のカラーデザイン

小林氏
  • 名前:小林 雅央
  • 所属:株式会社中川ケミカル
  • デザイン全般/カッティングシート販売
  • 活動拠点:東京都
CBNコアメンバー

アピール:

中川ケミカル CSデザインセンターのチーフデザイナーです。主にインハウスデザイナーとして、社内的な印刷物のグラフィックデザインから展示会や企画展の空間デザインまで依頼があれば何でもやっております。また、カッティングシートメーカーということもあり、カッティングシートを使った案件の相談を受けることも多く、デザイン提案から仕様の検討や施工までをサポートするケースもあります。

CMFを具現化するアイデアと技術

菱山氏
  • 名前:菱山 浩昭
  • 所属:カシオ計算機株式会社
  • プロダクト
  • 活動拠点:東京都
CBNコアメンバー

アピール:

主なカシオ商品のCMFデザインのディレクションを行っております。【量産機種業務】
機種のラインアップ計画の基、デザインコンセプト(CMFデザインコンセプト)の立案/形状担当のデザイナーとCMFデザイン担当のデザイナー間でデザインの方向性の確認/具体的なCMFデザイン検討/デザインモックアップ作製/関係部署(商品内容によって社外の場合もある)へのプレゼンテーション/デザイン決定/量産CMF指示(メーカーとの調整・色立会い・量産品検収等)/プロモーション・販促物等、関係部署との連携も行います。
※CMFデザインは非常に幅広い業務内容です。お客様へストレートに作り手側の想いが届くよう関係部署との連携も重要です。また個々の商品によりCMFにかけられるコストが異なります。コスト内で最適&最大限効果のあるCMFを提示するよう心掛けております。「お金(コスト)をかけなくても魅力的な“カラー”は提案できます」その商品特性を最大限活かした“メリハリのあるCMF”が求められます。

量産業務とは別に先行してCMF開発を行っております。【先行開発業務】
新しい技術・素材開発を推進しています。試作メーカーでのトライアルを通じて量産検証まで行っております。
※いざという時に使える“切り札的なCMF”のストックが大切です。

ヘアカラー教育の草分け

中川氏
  • 名前:中川 登紀子
  • 所属:パーソナルヘアカラー研究所
  • ヘアカラー
  • 活動拠点:東京都
CBNコアメンバー

アピール:

主にパーソナルカラーアナリスト・色彩講師・美容師を対象にヘアカラーの色彩学・科学・似合わせを教育しています。また、ヘアカラーに関する教材を制作したり、調査研究活動も行ったりしております。

「最高のユーザー体験」を

佐藤氏
  • 名前:佐藤 敏明
  • 所属:NECカシオモバイルコミュニケーションズ株式会社
  • プロダクト
  • 活動拠点:神奈川県
CBNコアメンバー

アピール:

現在の職務は、NECとCASIOブランドのケータイ・スマートフォンおよび周辺機器のデザイン統括です。フィーチャーホンの時代は、佐藤可士和、amadana、SamanthaThavasa、Francfranc、Glamorous、Pierre Herme Paris、Burtonなど各種コラボレーションを通じてカラーブランディング含めた新たな価値創造を仕掛けてきました。

日本電気・カシオ計算機・日立製作所の合弁事業により事業再編した2010年創立のNECカシオモバイルコミュニケーションでは、Casio G-Shockの流れを汲む唯一無二の衝撃耐久性を誇るスマホ「G'zOne」および、従来のNECブランド持つ便利さ・親しみやすさを進化させながら、NECならではの技術と融合した世界最薄のスマートフォン「MEDIAS」を立ち上げるなど、それぞれのブランドから世界に向けた「モノの価値×コトの価値」という新たな商品価値作りをデザイン思考と共に導く役割を担っています。

テキスタイル&アパレル色彩企画

坂口氏
  • 名前:坂口 昌章
  • 所属:有限会社シナジープランニング
  • 色彩全般/コンサル
  • 活動拠点:東京都

アピール:

1957年東京生まれ。文化服装学院ファッションデザイン専攻科卒業後、株式会社ニコル等、アパレル数社の商品企画、ブランド開発業務を担当後、独立。1990年有限会社シナジープランニング設立同社代表取締役就任、現在に至る。専門は、テキスタイル(織物、ニット)からアパレル、流通までの企画コンセプト立案及びコンサルティング。最近は、アジアビジネス、特にインドに興味を持っています。著書に、「脱・トレンド主義」商業界、「ポストDC時代のファッション産業」日本経済新聞社、「ファッションビジネス用語辞典」ファッションビジネス学会(共著)、「次世代百貨店構築のシナリオ」ストアーズ社(共著)等がある。

撮影からの色彩提案と印刷再現

長谷川氏
  • 名前:長谷川 恭子
  • 所属:奥村印刷株式会社 COLOR+
  • 撮影、画像処理、カラープランニング
  • 活動拠点:東京都

アピール:

広告写真においての色彩計画は、ビジュアル効果や広告デザインの助力となるだけでなく、商品のブランディングや消費者への宣伝効果を最大限に生かせるものと考え、活動しております。また、印刷製版工程にて写真のRGBからCMYKへの色域変換、色調補整、画像処理、印刷インキの調色配合も手がけています。光と色彩を重視した写真をライフワークとして撮り続け、個展やワークショップを定期的に企画開催しております。

色彩感覚?色彩理論?

大倉氏
  • 名前:大倉 素子
  • 所属:(株)日本カラーデザイン研究所(嘱託)
  • 色彩学/景観色彩/感性アナリシス
  • 活動拠点:東京都

アピール:

バウハウスの教師だったヨハネス・イッテンは、書物や教師から学ぶこと、即ち色彩理論を用いることの有益性について述べています。ビジネスにおける色彩では、対象物の感覚的美的表現のみならず、色彩による情報の秩序立てやメッセージの表現など、論理性や客観性が求められます。また、景観分野においては、地域の歴史や風土、文化に根ざしたスタイルに寄り添う柔軟性も必要です。目的に応じて、色彩理論+色彩感覚によるご提案、講座などのお手伝いをいたします。

東商:1級カラーコーディネーター[環境色彩][ファッション色彩][商品色彩]、東京都景観審議会委員、杉並区まちづくり景観審議会委員、公共の色彩を考える会運営委員、日本色彩学会会員。

「地の色」をデザインする

吉田氏
  • 名前:吉田 愼悟 
  • 所属:武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科
  • 環境色彩計画・色彩教育
  • 活動拠点:東京都
CBNコアメンバー

アピール:

「地の色」…私が環境色彩計画で大切にしてきたことは、図ではなく地です。真に地域の個性を育てるために、「地の色」を見極め、それを再生して行くことが必要だと考えてきました。

「地の色」…これまでデザインは図をつくろうと努力してきました。見たこともないような新しいものを造形して、世界を変えようとしてきました。しかし、私が環境色彩計画で大切にしてきたことは、図ではなく地です。真に地域の個性を育てるために、「地の色」を見極め、それを再生して行くことが必要だと考えてきました。「地の色」を確実に再生するためには、時間が必要です。そのため「地の色」をつくるためには、フローではなくストックのデザインが必要です。さらに、「地の色」は地域の人たちの暮らしに深く関わっているため、デザイナーが安易に決めることはできません。「地の色」は地域の文化そのものです。

色彩に親しむために

山内氏
  • 名前:山内 誠
  • 所属:CBN(事務局)
  • 個人
  • 活動拠点:東京都・京都
CBNコアメンバー

アピール:

現在所属している日本ファッション協会は、生活文化の醸成を目的にしていますので、生活文化を“色彩文化”に書き換えて、その啓発に努めるのが仕事でしょうか。
元々、合繊メーカーのファッションセクションで流行色の選定・発行から仕事を始めました。
長いけれど深くない?経験を経て、今は、人と色彩との関係や日本的色彩といった趣味的世界?に興味を感じています。

カラーは今を生きる人そのもの

大関氏
  • 名前:大関 徹
  • 所属:文化学園大学 デザイン・造形学科
  • 色彩教育、色彩の先行開発に関する調査、企画
  • 活動拠点:東京都
CBNコアメンバー

アピール:

カラーは現代に生きる人々の心そのもの。時代とともにその変化がとどまることはありません。
自分の気持ち、思いやりを示す心の媒体。それがカラーなのではないでしょうか。

色彩の先行開発の仕事をしてきて、つくづく感じるのは、カラーは人の心の反映そのものだということです。
これには大きく2つの視点があります。一つは主観的な側から見た色彩のあり方です。色の好き嫌いの視点と言ってもいいでしょう。
自分の好きな色を着たい使たい。これが自由にできるというのは嬉しいことですし、そのような色が豊富にあるというのは、心を豊かにできる大切な要因です。
もう一つの視点は、他人のための色彩のあり方。客観的、社会的な色彩のあり方です。これについては、やはり欧州先進国がはるか先を歩いています。最近感じるのは、特にその視点が欠落しているカラーが多いことです。社会的なモノに対する美しいバランス感覚がこれからの日本のモノ作りの方向性でしょう。

髪の毛から国土景観まで

赤木氏
  • 名前:赤木 重文
  • 所属:一般財団法人日本色彩研究所
  • 各種色彩計画(調査企画実施・解析・設計・管理)、色彩教育
  • 活動拠点:東京都、埼玉県
CBNコアメンバー

アピール:

有名なフレーズを借りれば、「髪の毛から国土景観まで」ということになるのでしょうか。現代の、色のコントロールの対象となるモノです。ただ、様々なデザイン分野で設計される色彩は形状と比較すると、なぜか副次的な扱いを受けることがあり、消耗品のような印象で捉えられる場合も多いように思います。しかし、一度世の中に出た色彩はかなりの長期にわたって環境を構成し、そこから受ける印象を左右する要素として存在します。したがって、色の決定は、必然的で納得のいくコンセプトのもとに、「系統的でマクロ的な視点」と「細かい色の差を丹念に見比べるミクロ的な視点」の両者の視点による検討が必要だと思っています。

Color Lab. for full Life

市場氏
  • 名前:市場 丈規
  • 所属:Color Lab. for full Life(色彩研究所「カラーでいきいきライフ」 URL:http://colaful.jp) 主宰
  • 色彩全般/コンサル
  • 活動拠点:愛知県

アピール:

色や光の諸現象は観て、触れて、体感することなしに理解することも、魅せられることもないとの思いから2011年4月にColor Lab. for full Lifeを設立し、「観せる魅せる色彩教材」の企画・販売とそれらの教材を使った講座を開催しています。同時に色の果たす社会的役割「ライフケアカラー」を基に、色を使った介護予防教室をはじめ高齢者、高齢者を介護する人、働く女性や育児ママを対象とした「カラーでいきいきライフ」講座を愛知・岐阜を中心に年間40~50回開催し、その普及にも努めています。

Color Lab. for full Life

竹内氏
  • 名前:竹内 美香
  • 所属:カラースクールA-color
  • 個人
  • 活動拠点:東京都

アピール:

色彩は生活、ビジネスの場面で、知識やセンスが必要とされるものだと思います。より身近なシーンでの活用を考え、個人、企業を対象とした講座などを開催するカラースクールA-colorを主催しています。

著書 「一問一答色彩検定2級試験問題対策集」秀和システム。

「感性の理論化」が得意な「感性の理論家」

都外川氏
  • 名前:都外川 八恵
  • 所属:COCOLOR(ココカラー)
  • スタイリング&カラーコンサルタント
  • 活動拠点:東京、神奈川

アピール:

スタイリング業界初の「ファッションスタイリング検定」の立ち上げに携わり、その公式テキストを全面執筆。

パーソナルカラーではこと足らない部分を、「パーソナルテクスチャー®(似合う質感)」「パーソナルパターン®(似合う柄)」「パーソナルライン&シルエット®(似合う形)」として体系化し、商標を取得。

お客様の内外面の個性を活かした真の意味でのトータルビューティーを意味する「net 美eauty®」理論を提唱。

ブランド販売員や、デパートコンシェルジュ、美容部員向けに、お客様の「似合う」を見極めたスタイリング(似合わせ)研修を行うなど、色やスタイリングのコンサル力を通じた販促や売上強化にチカラを入れている。

主な著書:「ファッションスタイリング検定3級テキスト<分析・分類編>」繊研新聞社
「配色&カラーデザイン〜プロに学ぶ一生枯れない永久不滅テクニッック」(ソフトバンククリエイティブ社)