カラープランニングの現場から

カラリストを志す人のために、カラービジネス業界のキーマンの方々から、
実際のカラープランニングの実務をご紹介するとともに、培われた経験からの貴重なアドバイスをお届けします。


カラープランニングコーポレーション 有限会社クリマ

依田 彩

依田氏

個人プロフィール

依田 彩(よだあや)
1977年神奈川県川崎市出身。獨協大学外国語学部フランス語学科卒業後、フランスに留学。色彩の地理学を提唱したジャン・フィリップ ランクロ氏のAtelier 3D couleur (アトリエ3Dカラー)にて研修。帰国後、都市計画コンサルタントを経て、2004年に有限会社クリマに入社。建築外装色彩計画を始め、都市や再開発地区の色彩ガイドライン策定等に従事。身近な景観形成に興味を持ち、仕事の他に地元川崎市でまちづくり活動に参加している。趣味は映画観賞、のんびり街を歩くこと。

Q. 現在のお仕事の具合的な内容は?

CLIMAT(クリマ)は、色彩をデザインの中心に据えて、ちょっとしたサインデザインからまちの色彩ガイドラインをつくるといった、色彩計画まで大小様々な規模のデザインを行っています。規模は多様であるものの、常に「色」を大切にしたデザインを行っています。個人的には環境色彩分野の色彩計画が得意です。最近では団地改修における外装色彩計画や都市の色彩ガイドライン作成に携わっています。

Q. 今のお仕事に携わった経緯は?

私の環境色彩との出会いはフランス留学時代に訪れたパリのまち並みです。外国で「日本人としての私」を意識していた時期に、「同じ人間なのに、どうしてこうもまち並みやファッションにおける色使いが違うのか。日本人は色使いが下手なのか。」と痛感するとともに、「日本人だってきっと素敵な色彩に対する感性を持っているはずだ。日本の街を美しい、誇れるものにしたい。」という思いが生まれました。

まち並みの形成に係わる仕事がしたいと思い、帰国後、都市計画コンサルタント会社で働きました。行政や商店街と一緒になって、都市やまちづくり関連の計画策定、活動運営をお手伝いさせていただきましたが、よりまちの景観と深く関わりのある仕事に携わりたいと考え、2年ほどで今の会社に転職しました。

Q. 商品などの、色を決定するまでの業務の具体的な手順・流れは?

色彩計画の進め方は、最初に述べたように計画の規模や対象によって異なりますが、建築物の外装色彩計画を例に挙げると大まかに以下のような手順となります。

  • 計画地の上位計画等の法規制等の確認
  • 計画地と周辺の調査
  • カラーデザインコンセプトの策定
  • 色彩計画案の作成
  • 色彩計画案のプレゼンテーション
  • 色彩計画案の調整
  • 実施計画時の管理

CLIMATでは、計画地の調査を丁寧に行い、計画地の「地域性」を重視した色彩計画づくりを心掛けています。これは、フランスのカラリスト、ジャン・フィリップ ランクロ氏が提唱してきた「色彩の地理学」の考え方を弊社の吉田愼悟が日本で受け継ぎ、拡げてきた考え方に基づいています。「地域の色」を見つけ出し、あそこでもそこでもない「ここ」に合った色彩デザインを目指しています。

また、上位計画や前段の建築コンセプトなども参考に色彩デザインを検討し、色彩デザイナーがすべてを決めてしまうのではなく、行政、設計者といった計画にかかわる人すべての思いを形にする、みんなでつくる色彩計画を心掛けています。

Q. 使用するカラーコード・システム、参考資料などは?

環境色彩分野では、マンセル表色系が多く用いられています。2006年の景観法施行に伴い、各地で景観計画が策定され、マンセル値で色彩の使用範囲を示す景観計画もさらに増えています。そこで、マンセル表色系の認知度は上がってきており、理解も深まってきていますが、一方で数値基準の弊害も少しずつ明らかになっています。

色票としては、日本塗料工業会の「塗料用標準色」をよく使います。建築外装に多い、暖色系低彩度色が比較的充実していて、コーディネートしやすくなっています。

サインカラー、アクセントカラー等には、PANTONEやDICカラーガイドなども使います。DICカラーガイドの中でも「日本の伝統色」は、デザインコンセプトに合った色を検討する際に重宝しています。

Q. 業界特有のセオリーやタブーは?

タブーは特に浮かびません。セオリーの方は、「建築物や外構で、色に迷ったら10YR(イエローレッド)!」でしょうか。土や砂、樹木の幹といった自然景観の基調となっているものは、暖色系低彩度色がほとんどで、その暖色系色相の中心が10YRです。そのため、沢山の色があって、色合わせに困った時は、この10YR系の低彩度色にしておくと、目立ち過ぎず、環境に馴染むことが多々あります。

Q. 必要とされるスキル(教育・知識・技術等)、経験は?

景観は、様々な構成要素から成り立っています。色彩は、それらの構成要素をつなぎ調和を生み出すための1要素です。ですから環境色彩では、調和をつくり出すための全体を俯瞰できる視点が必要だと思います。

さらに、とかく勘やセンスで片付けられがちですが、提案する色彩がどのようにして抽出されてきたのかというプロセスを説明できる論理的思考も必要です。全体を見渡して、特定の環境において色彩がどうあるべきかを論理的に説明するスキルが大切です。何事においても同じだと思いますが。

Q. 日々の情報収集や努力している物事は?

情報収集は、あまり得意ではありません。収集している間に自分が情報に飲み込まれてしまう気がします。ですので、インターネットを通じて情報収集することももちろん多いですが、一般の新聞や書籍から得る、出所のはっきりした情報を中心に収集しています。情報は限りないですから。

あと、努力ということではありませんが、基本的にコンパクトデジタルカメラを持ち歩き、気になる景色はすぐ写真に収められるようにしています。良い景色や景観を言葉だけで説明するよりも写真があった方が、圧倒的に説得力があると思います。

Q. 同様の仕事を望む学生や一般の方へのアドバイスは?

アドバイスできるほど経験豊かではありませんが、なるべく色々なことに興味を持って、チャレンジした方が良いと思います。色彩について詳しいのは大切ですが、色彩を共有する人たちは色彩に詳しい人だけとは限りません。ですから色々な角度から色彩にアプローチできるように間口を広げておくといいと思います。これがなかなか難しいのですが。

環境色彩は、小さな広告サインから都市の色彩ガイドラインまで規模も種類もデザインの形は多様です。その中で、経験を重ね自分に合わせた色彩デザインを模索していくのも良いのではないでしょうか。

Q. 仕事で利用する七つ道具を教えて下さい。

  • 日塗工色見本帳(ポケット版)

    2年ごとに改訂されていますが、2年経つ頃にはいつも手垢で真っ黒です。
    旅行に持って行って、気になる色を簡単に測ることもあります。

  • 一眼レフデジタルカメラ(NIKON D90)

    気になる景色を撮るには、やはり一眼レフ!下手な私でもそれなりの写真に見えます!?

  • カッター

    ペンケースにいつも常備。ちょっとしたものをカットするのに重宝。
    刃が鋭角なものが気に入っています。空港の手荷物検査場で、持参していることを忘れて何度か止められたことがあります(笑)。

  • CONCISEの定規

    最近は少なくなりましたが、色票サンプルのカットでは、この定規が必須アイテムでした。
    エッジ部分がステンレス加工してあり、さらに5mmの方眼状にメモリが入っていて、直角もわかりやすくなっています。

会社プロフィール

カラープランニングコーポレーション 有限会社クリマ

カラープランニングコーポレーション 有限会社クリマ(所在地:東京都目黒区上目黒1-4-2 惣秀ビル3F)は、色彩デザインの専門家集団として、都市スケールの環境色彩ガイドラインの作成から建築・構造物の外装デザイン、サイン計画、インテリアデザイン・コーディネーションにいたるまで総合的な色彩・デザイン提案を行っています。近年、環境問題の顕在化と共に、地球規模で循環型社会が目指されています。クリマの行う色彩提案は、地域のコンテクスト(文脈)を読み解き、その場所に根ざした色彩コンセプトを組み立てることから始まります。中・長期的な使用に耐え、次世代へとつながる色彩提案は、独自の色彩哲学と明快なコンセプトによって導かれます。

【カラープランニングコーポレーション 有限会社クリマ】 http://www.climat-color.net/

依田氏へのご質問、ご意見はCBN事務局までお寄せください。