「越谷景観視察&焼き鳥プロジェクト」を実施しました(10/8)/ 第Ⅰ部「越谷景観視察」

第Ⅰ部「越谷景観視察」

 CBN(カラービジネスネットワーク)は、10月8日(火)カラーサロン特別企画「越谷景観視察&焼き鳥プロジェクト」を実施しました。
 このプロジェクトは、9月18日のカラーサロンで、越谷支部長の北城さんが発した「焼き鳥なら・・・」という不用意な発言を基に企画され、実現しました。

この日は残暑が厳しいとは言え、秋晴れの空が高く澄んで、景観視察にはお誂えの天気。3時に越谷駅に集合したCBNのメンバーを迎えていただいたのは、越谷支部長と越谷支部ゆかりの(有)田崎建装の田崎社長。




ここからⅠ部の景観視察がスタートしました。きれいに整備された東武越谷駅前から延びる中央道路を、市役所に向けて進みます。






とても立派な市民会館を背にして市役所へ。





今回の越谷景観視察では、都市整備部都市計画課のご厚意で、ちょうどこの10月から施行されたばかりの「越谷景観計画」等のご説明をいただきました。
お話の後は、越谷市の地域特性を活かした良好な景観形成を先導する地区として定められた3つの「特定地区」の一つである「旧日光街道沿道特定地区」へ、案内していただくことに。(他の特定地区は「元荒川沿川特定地区」と「越谷レイクタウン特定地区」)

旧日光街道の周辺には、古き面影を感じさせる空間があちこちに残っています。








旧郵便局を利用した診療所の落ち着いたPINKの壁を測色します。(2.5YR 8.5/2程度)




街道沿いにも趣のある建物が見受けられます。






元荒川を渡った時点で、ご案内いただいた越谷市役所都市計画課の平井さん、山後さん、並木さんと別れて、北越谷駅へ。都市計画課の皆様、ありがとうございました。
越谷市は、日本最大のショッピングセンターが開業するなど、埼玉県の中核都市、商業都市として注目されていますが、今回の視察で目にすることができた旧日光街道地区など、景観形成にも力を入れていることが感じられた視察となりました。

ここでⅠ部の越谷景観視察が終了しました。空にはうっすらと虹が・・・。




第二部へ続く!

CBN事務局

カテゴリー: CBNカラーサロンの中身をご紹介, お知らせ   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>